転職でキャリアパスを積む

IT業界特有の現象として、エンジニアは現在所属している会社にとどまらない傾向があります。
エンジニアはある一定の技術レベルを身につけると、条件のよい企業に転職するからです。
ヘッドハンティングされるなんてことも、よくあります。

 

転職時によく利用されるのは、

  • IT転職専門のサイト
  • IT専門のエージェント

などです。

 

 

ITエンジニアは条件の良さを求めて転職を繰り返すことが多いです。
転職歴がエンジニアとしての『キャリアパス』となります。

 

キャリアパスとは、経験を積みながら能力や地位を高めていくことです。

 

通常、転職歴が多いと評価を悪くします。
何をしても長続きせず落ち着きがないように見られるのです。

 

一方、IT業界ではエンジニアの転職歴がキャリアパスと受け取られ、評価されます。

 

転職歴=多くの仕事を経験

 

ということで、優秀なエンジニアとしてみなされるのです。

 

また、キャリアパスを積んでもマネージャーなどの管理職に就きたがらない人も多いです。
エンジニアとしての仕事にこだわりを持っているため、上位工程のエンジニアとして転職する人もいます。

 

 

エンジニアの技術職としてのこだわりは、企業側にもメリットが大きいです。
大勢のエンジニアを長い間、高給で雇用するには、技術を保持するために高レベルな社員教育が必要です。

 

余裕のない企業は、必要なときだけ使える派遣や契約社員のエンジニアのほうが好都合なのです。
ITエンジニアを採用するときに、能力を知ることができる転職歴は『キャリア』として判断されます。

 

エンジニア、IT企業双方とも多くのキャリア(=転職歴)は重要視されるのです。

トップへ戻る