プログラミング言語とは?複数ある理由は?未経験者や初心者向けに優しく解説!

スポンサーリンク

今回はプログラミング言語とは何なのかとなぜ複数の言語があるのかを未経験者・初心者向けに解説します。

プログラミング言語とは

プログラミング言語とは何かがイメージがつくでしょうか?数字とアルファベットが無数に並んでいるもの、英単語がつらつら並んでいるものなどがよくあるイメージで、どちらもプログラミング言語で実際にあります。
プログラミング言語とは私たち人間が使用する言語をコンピュータに伝わるように一定の規則に基づいて使用する言語です。
例えば私たちが普段使っている日本語はひらがなやカタカナや感じを組み合わせて文章を作って伝えたい相手に伝えていますね。英語であればローマ字、中国語であれば漢字、韓国語であればハングル文字といったように使用する国によってルールが違います。プログラミング言語も同様に言語ごとに使用するルールが違います。

プログラミング言語が複数存在する理由

プログラミング言語が複数存在する大きな理由は得意な処理が言語ごとに存在するためです。簡単な例をだすとPHPはWebサイトの処理が得意で、Pythonは数学的な処理が得意だったりします。またSwiftはiPhoneアプリ専用だったりと言語ごとに得意分野を作ったり、作るものを限定することで開発者が作りやすくなったり、より良いサービスを提供することができるようになります。

まとめ

今回はプログラミング言語が人間が使用する言語をコンピュータに伝わるように一定の規則に基づいて使用する言語であることと得意な処理が言語ごとに存在するために複数存在することを解説しました。
何か作りたいものがある場合はプログラミングをする前に作るものに合わせてプログラミング言語を選ぶとよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました