テスターの仕事の一日の流れ

スポンサーリンク

今回はテスターの仕事内容と一日の流れをご紹介します。
私は業界未経験からSES企業に就職し、派遣先で初めて行った仕事がテスターでした。
今回は当時の一日の流れになります。勤務時間は9-18時の1時間休憩ありで8時間労働です。

8:50 出社

出社は10分前で指定されています。派遣先企業が8:30からミーティングを行っているので、早く着いても10分前にしか入室することができないので基本的にはギリギリの出社でした。

9:00 始業、朝会、業務メール送信

9時になると業務開始です。業務開始後は朝会といって当日の仕事の内容を各々が簡単に説明する朝礼があります。(会社によって微妙に内容が違いますがだいたいは今日の作業内容です。)
朝会は大体5~15分程度で済ませます。その後はメールで全員に当日の作業予定のメールを送信します。

9:30 テスト開始

朝会やメールが終わったらテストを開始します。
案件にもよりますが基本的にはテスト仕様書に基づいて、指定された操作を行い結果がどうであったかとそのエビデンス(証拠)の作成を行います。
指定された操作というのは例えば、「ログイン画面でIDとパスワードのフォームに存在しないアカウントのIDとパスワードを入力してログインボタンを押す」などです。結果は期待される内容についての結果をそのまま書きます。だいたい〇×が多いです。
そしてエビデンスはそのときのスクリーンショットを取ることが多いです。「ログインできません」のようなエラーが出ている画面のキャプチャを取って保存します。

12:00 お昼休み

午前中は上記の作業をひたすらやって12時になったらお昼休みです。デスクでお弁当を買ってきて食べる人、仲の良い人と外食をする人など普通の企業とかわりないお昼休みです。
お昼を食べ終わると寝てる人が多い印象です。

13:00 テスト再開

午後もひたすらテストを行い、エビデンスを作成する作業です。
作業を行っている途中で仕様書についての質問が出たりした場合は、SEやプログラマに相談しにいきます。簡単な内容だとチャットなどを使って済ませることも多いです。

18:00 報告メール、退社

定時になったら当日の進捗報告メールを送信して退社します。
納期前でない限りほぼ残業はありませんでした。

まとめ

今回は私の実体験に基づいてテスターの仕事の一日を紹介しました。未経験からなので本来の業務内容より少し少ないかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました