未経験からITエンジニアを目指す方に最初に読んでほしい記事

スポンサーリンク

未経験からITエンジニアを目指す方に最初に読んでほしい内容をまとめました。

そもそもIT業界はどんな業界?

IT業界とは情報技術(IT)を使ってサービスを提供している業界です。IT業界には大きく分けて4つの業界があり、ハードウェア業界、ソフトウェア業界、情報通信サービス業界、web・インターネット業界に分かれています。まずはどの業界がどのようなサービスを提供しているのかをざっくりとイメージをつかむと良いでしょう。

どんな仕事があるの?

IT業界はとても広く仕事があります。SEやプログラマー、ITコンサルタントやプロジェクトマネージャー、ヘルプデスクやQAエンジニアなど他にもあります。また上記の業界ごとで同じ職種でも仕事のやり方がまったく違う場合もあります。ただこの中にも未経験から比較的目指しやすい職種はプログラマー、システムエンジニア、ヘルプデスク、セールスエンジニアなどがあります。プログラマーやシステムエンジニアは実際のシステム開発を担当し、ヘルプデスクはシステムの運用後のサポート業務、セールスエンジニアは営業の側面を持った技術者で顧客のシステム導入全般をサポートします。

給料はどのくらい?

仕事を選択する上で重要な項目の一つが給料です。未経験から目指しやすい職種の平均年収は390万円から780万円と幅があります。求められるスキルが低い場合は年収が低くなり、逆に求められるスキルが大きい場合は年収が高くなります

未経験からなれるの?

ITエンジニアというと情報系の大学や専門学校を卒業している方ばかりで未経験や文系からなれるのか心配になります。私の知り合いのエンジニアの中には未経験かつ文系でIT業界にきた方もいらっしゃいます。本気で目指せば未経験からでもITエンジニアになることは可能です

有利な資格はあるの?

未経験からITエンジニアを目指す場合、資格を持っていたほうが有利です。その中でもおすすめの資格は基本情報技術者です。基本情報技術者試験は難易度が高く取得できればきちんと勉強したことをアピールできます。また基本情報技術者の資格を持っていないと採用しない企業もあるので持っていれば採用される企業の幅が広がります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました