プログラマの仕事の一日の流れ

スポンサーリンク

今回はプログラマの一日の流れをご紹介します。
私はweb業界で働いているので、web系のプログラマの仕事の流れで勤務時間は9-18時で休憩1時間での勤務の場合となります。

8:50 出社

私は10分くらい前に出社しています。人によってはもっと前からきて作業をしている方もいますが、だいたい納期前でない限りこのぐらいの時間です。

9:00 勤務開始、朝会、業務メール送信

勤務開始になったら朝会を始めます。朝会は今日の作業を簡単に報告する場です。「〇〇案件の改修を行います。」や「〇〇案件の見積書の作成を行います。」などの内容になります。
朝会が終わった後は業務メールで当日作業内容を送信します。

9:15 案件別ミーティング

朝会が終わった後は各案件ごとのミーティングに入ります。現在プログラミングをしている機能に対してどのくらいの進捗率かと問題があれば問題などを報告します。
案件別ミーティングではなく、職種別でのミーティングでプログラマが集まったミーティングやSEが集まったミーティングなどになったりする場合もあります。

9:30 プログラミング

ミーティングが終わったらプログラミング開始です。
といっても一日中コードを書いていることはほぼありません。どちらかというと調べものをしていたりロジックを考えている時間のほうが長くなります。

12:00 お昼休み

12時になったらお昼休みです。お昼休みは職種関係なく過ごし方は様々です。
仲のいい人とご飯を食べに行ったり、お弁当を食べたりしています。たまに納期間際でご飯を食べずに作業をする方やご飯を食べながら作業をする方もいます。

13:00 プログラミング

午後も引き続きプログラミングです。プログラミングの途中で仕様書に不明点がある場合は、SEに確認をとったりもします。

15:00 ミーティング

時間はバラバラですがプログラマでも結構ミーティングが入ったりします。仕様変更の説明会や技術的な説明会など内容は様々です。

16:00 技術調査・学習・プログラミング

ミーティングが終わったら技術調査や学習を行ったりするときもあります。調べ物の途中で気になるQiitaの記事を見つけて読んでしまう・・・なんてこともあったりします。気分転換も大事です。

18:00 退社

残業をしないようであれば定時で帰ります。よくイメージ的に残業ばかりしてそうですが、暇なときはとことん暇で忙しいときはとことん忙しいのがIT業界です。帰れる時にはさっさと帰るという人が多いです。

まとめ

今回はプログラマの一日についてご紹介しました。ずっとプログラミングをしているイメージを持つ方も多いですが、実際は調べ物やミーティングが結構な割合を占めています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました