IT業界で未経験から目指せる職種4選

スポンサーリンク

ITエンジニアを目指そうという方にまず知って欲しいのはIT業界にどのような仕事があるのかです。
私自身も未経験からITエンジニアになった身ですが、この業界が合わずせっかくITエンジニアになっても異業種へ転職する方は一定数います。

そこで今回は未経験からITエンジニアを目指す方に向けて未経験から目指せる職種はどれなのかどのような仕事内容なのかをご紹介します。

プログラマー

プログラマーは仕様書(プログラムの設計書)をもとにプログラミング言語を使ってコーディング(プログラムを書くこと)をして、プログラムを作成することが仕事です。

プログラマーはプログラミング言語の知識仕様書の読解力、システムエンジニアなどを含むチームメンバーとのコミュニケーション能力が求められます。
よくプログラマーにはコミュニケーション能力がそれほど必要なく一人で黙々と仕事をするイメージに勘違いされがちですが、仕様書の内容の確認やチームメンバーとの意思疎通などでコミュニケーション能力は必要になってきます。

システムエンジニア

システムエンジニアは種類が多く仕事内容も種類によって様々ですが、共通する仕事としてシステムの仕様書を作成することです。仕様書とは簡単に言うと設計書のことで、システムエンジニアの種類や開発の進行度によって作る仕様書も様々です。

システムエンジニアはクライアントの要望をきちんとヒアリングするコミュニケーション能力クライアントの課題や開発を行う上での課題を解決するための問題解決能力や論理的思考力などが必要になります。
またシステムエンジニアという言葉は定義が広く、会社によってはプログラマーを兼任しているシステムエンジニアをそのままシステムエンジニアと呼んだりする場合もあります。

セールスエンジニア

セールスエンジニアは自社で開発したソフトウェアやハードウェアなどの製品を販売・導入・サポートをすることが主な仕事です。

セールスエンジニアは営業的な側面が強く、クライアントにより近いところで仕事を行うことが特徴です。クライアントの現在の業務課題について自社製品での解決方法の提案や製品導入時のサポートなどを行うので、製品に対しての深い知識クライアントへの説明能力コミュニケーション能力が必要になってきます。

ヘルプデスク

ヘルプデスクは問い合わせ対応を行うことが仕事です。問い合わせの種類も様々で、社内の従業員からのPCの使い方の問い合わせやメールアドレスの設定方法、クライアントからの自社製品の使い方などがあります。

ヘルプデスクは問い合わせ対応がメインの業務のためコミュニケーション能力が必要になってきます。

まとめ

この記事では未経験から目指せるIT業界の職種を4つ紹介しました。
未経験から目指せる職種で共通することは、どの職種もコミュニケーション能力が必要なスキルとして挙げられます。
今後ITエンジニアになるにあたって自分が何の職種を目指したいのかをじっくり考えることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました