IT業界の未経験から目指せる職種の年収と年収アップの方法

スポンサーリンク

仕事を選ぶうえでとても大事になってくる要素の一つが年収です。
今回はIT業界の中でも未経験から目指せる職種の年収と年収アップの方法年収を職種別に紹介いたします。

SE・プログラマの平均年収

SE・プログラマの平均年収は568.5万円~603.9万円となっています。平均年収なのに幅があるのはSE・プログラマの所属する業界によっても差があるためです。
具体的にはハードウェア業界のSE・プログラマが最も高い603.9万円、続いて情報通信サービス業界のSE・プログラマは593.7万円、さらに続いてweb・インターネット業界のSE・プログラマが592.2万円、最後にソフトウェア業界のSE・プログラマが568.5万円となります。

セールスエンジニアの平均年収

セールスエンジニアの平均年収は783.3万円となっています。営業と技術者の両方の側面を持つため求められるスキル要件も高くなり年収が高い傾向にあります。

ヘルプデスクの平均年収

ヘルプデスクの平均年収は390.9万円となっています。SE・プログラマと比べると100万円以上の差があります。年収の差が他の職種と比べて大きい理由はヘルプデスクの一般的な求められるスキル要件が他の職種に比べて低いためと考えられます。逆に言うと未経験から一番目指しやすい職種であるともいえます。

年収アップの方法

IT業界は完全に年功序列の給与体系をとる企業は非常に少ないです。では何を基準に給与が決定されているかというと多くの企業が「スキル」「コミュニケーション能力」「成果」の三つを重要視して評価を行っています。
この中で最も自分の努力が反映されやすい項目は「スキル」です。
さてではこの「スキル」は企業はどうやって判断しているかというと「保有資格」を7割以上の企業が重視しているという結果になっています。
つまり年収アップの方法で効果的な方法は資格を取得することとなります。

まとめ

今回は未経験から目指せる職種別の平均年収と年収アップの方法をご紹介しました。
年収アップの方法は資格取得を行うと効果的ですので年収アップをしたい方はチャレンジすると良いでしょう。

参考:IT関連産業の給与等に関する 実態調査結果

コメント

タイトルとURLをコピーしました