IT業界にアピールできる職務経歴書の見本

IT業界での転職に限らず、どんな業界でも履歴書のほかに職務経歴書の提出が求められます

 

履歴書はフォーマットが決まっていますが、職務経歴書にはありません。
(まれに企業独自のフォーマットで記入内容を指示されるケースがあります)
職務経歴書の内容は応募者独自のセンスが問われるのです。

 

 

どんな職務経歴書が企業側にアピールできるでしょうか。
内容、項目など職務経歴書には書くことがいろいろあります。
転職サイトなどで見本が掲載されているので活用する方法もあります。

 

履歴書が時系列的な職務の流れを記入しているのに対し、職務経歴書は、

  • 業務経歴の詳細
  • 応募資格
  • 自己アピール

などを記載します。

 

当然、採用側が理解できるよう簡潔にわかりやすく書く必要があります。

 

職務経歴書には以下の項目が最低でも必要です。
見本はこちらです。

職歴概要 就業してから現在までの流れ
会社履歴 在籍した企業名と在籍期間
業務経歴 プロジェクトの期間、業務内容、担当フェーズ、開発環境・言語、職位(役割)
経験・スキル 業務経歴で獲得したスキルや経験した業務をピックアップ
保有資格 取得した資格、取得年・月など
自己PR 上記内容を活用して自分を積極的にPRする

 

採用側は書類選考の段階で職務経歴書をチェックします。
職務経歴書の提出がない時点でアウトで、選考からはずれます。

 

職務経歴の羅列だけでは採用側も注目しません。
他の人より適性があると思わせなくてはいけません。

 

 

重要なのは、応募内容にマッチした内容を具体的にきちんと書くことです。

 

ひとつの見本ですが、正確なプログラミングを組める人材を求めている企業に対し、工数納品実績を数値化するとよいでしょう。

 

また、営業職なら新規顧客を獲得した件数を書きます。
数値で表現するとグッとわかりやすくなるのです。

 

ITエージェントのサイトにも職務経歴書の見本が掲載されている場合があります。
フォーマットやサンプル文書を参考に上手に自己アピールできるよう職務経歴書を完成させましょう。

トップへ戻る