ITへの志望動機は例文をもとに

IT業界に限らず志望動機は必ず問われます。
書類選考、面接などで質問されるので、答えられるようにしなければいけません。
志望動機は即答できることに越したことはないのです。

 

志望動機は人それぞれですから、正解というものはありません。
それでも、こんな志望動機はNGです。

  • 募集内容から大きくかけ離れている
  • きれい事ばかりで内容が薄い

採用側にうまく伝わらないばかりか、選考からはねられてしまいます。

 

数多くの募集案件から選んで応募するには明確な理由があるはずです。
うまく文章にできないのが悩みどころなのです。

 

ITエージェントでは志望動機をうまくまとめられるようサポートをしてくれるところもあります。
自分自身の志望動機を整理すれば、文章に組み立てられるようになります。

 

就職支援サイトでも、志望動機の例文集を提供していることもあります。
どちらかといえばITエージェントに登録して専門家に相談したほうが近道だと思います。

 

 

多くのIT企業は異なる職種を同時に募集することがあります
例えば、

  • 管理職とエンジニア
  • 営業職とエンジニア
  • インフラ業務とプログラマー

など、同じ企業でも職種によって志望動機は違うはずです。

 

たとえ企業名に引かれた場合でも「御社の社風が〜」では×です。
他の応募者と比較して差をつけることはできません。
まず、どの職種に応募したのか振り返って考えます。

 

数々の募集からその求人を選んだ理由は、業務内容がこなせると考えたからだと思います。
業務内容から例文を見つけることができれば、自分の志望動機に近いかもしれません。

 

その例文を自分の状況に置き換えてみるとよいでしょう。
自身の経験や立場などを文章の中に織り込んでいけばオリジナルの文章になります。

トップへ戻る