IT未経験ならではの志望動機を考える

IT業界で転職・就職する場合、各々の志望動機はかなり個人差があります。

 

なかでも未経験者は、

  • IT関連の仕事を手伝った
  • パソコン操作が得意

などをきっかけに志望することが多いと思います。
20代前半だとIT業界への憧れもあるでしょう。

 

とても重要な志望動機。
未経験こそ明らかにすべき内容があります。

 

それは職種を掘り下げること。
パソコン操作が得意なだけでIT企業に就職したいでは漠然としすぎです。

 

IT関連の業務は広範囲かつ専門化されています。
いったんその仕事に携わったら3年程度は下積みが必須です。

 

同じPC関連でも、PCを組み立てたいのか、PC操作をサポートするのかでは全く変わってきます
違う職種から自分に合う仕事をみつける必要があるのです。

 

 

またITでは公務員のように安定した仕事に就くことは少ないと思っていたほうがいいでしょう。

 

大手IT企業であれば新人への研修カリキュラムが充実しているかもしれません。
業務の基礎から応用レベルまでステップアップでき、将来も比較的安定しています。

 

一方中小のIT企業は新人育成に消極的です。
なんとなく忙しく働いているうち30代を過ぎてしまいます。

 

20代の未経験者なら採用してくれるIT企業が沢山あるかもしれません。
基礎があやふやで未経験に近い30代は将来の転職がままならないこともあります。

 

自分のキャリアプランは自分で構築すべきです。
そうでないと技術進歩に取り残され、転職も困難になってしまいます。

 

特にITはスピードの速い業界です。最先端の技術が5年と持ちません。
状況を把握することが常時求められます。

 

10年先、20年先を見すえてどうなりたいか、志望動機を考えることが必要です。

トップへ戻る