IT営業はキャリアアップを視野にいれた志望動機を

ITで働く人材は次のように分けられます。

  • マネジメント(管理職)
  • エンジニア(技術職)
  • セールス(営業職)

 

どんな業界でも重要なのが営業職です。
エンジニア志望者や経験者が営業に転職することも珍しくありません。

 

ITで転職を考える場合、最も多いのが技術職であるエンジニアです。
当然、IT業界のメインはエンジニアです。
ですが、営業がいなければせっかくの技術も世に出ることはないのです。

 

 

ITでの営業の仕事は販売以外にも、

  • エンジニアの補充
  • ソフトや機器の準備
  • ユーザー企業との折衝

など多岐にわたります。

 

心無いエンジニアがITの営業に対して、
『技術もないのにどうしてIT業界にいるのだ?』
などと、言うこともあるかも知れません。

 

そんな業界を理解できないエンジニアは相手にしなくていいです。
そもそもIT企業は一般の会社と営業の役割自体が違うのです。

 

 

営業職への志望動機はいろいろ考えられます。

 

技量面の限界を感じて転職を考える人もたまにいます。
しかし、キャリアアップとしてITコンサルタントなどの営業職を目指すことのほうが多いです。
ITコンサルタントはユーザーのニーズをシステム化する上流工程をこなせる人材である必要があります。

 

給与・役職などの待遇のみが志望動機ではありません。
エンジニアとして仕事をこなす中で、営業職への可能性を感じることがあるのです。

 

 

ITの上流工程とは、顧客のニーズに沿ってシステムを設計します。
過去の事例など似たようなケースを探し、プランを2〜3例提案します。
それぞれの案のメリット・デメリットを考え、費用に見合う効果を集計します。

 

以上の作業がシステム提案に大変重要となるのです。

 

 

エンジニアも勤続年数が重なると、上流工程の作業は誰もが通る道です。
残念ながら、顧客を納得させられるプランを組めるのはごくわずかです。

 

というわけで、ITコンサルタントなどの営業職に適性がある人は限られてきます。
志望動機は、将来ITコンサルタントを目指しキャリアアップを図りたいという理由もいいかもしれません。

トップへ戻る