ITベンチャー企業の年収って?

何かと話題になりがちなITのベンチャー企業。
年収が気になる人も多いと思います。

 

華やかなイメージがあるITベンチャーは年収も高いイメージがあります。
実際はどうなのか調査してみました。

大手IT企業

20代後半 522万円
30代前半 594万円
30代後半 687万円

ベンチャー企業

20代後半 513万円
30代前半 527万円
30代後半 627万円

中小IT企業

20代後半 483万円
30代前半 520万円
30代後半 581万円

30代になると平均年収の格差が顕著に現れます。

 

20代後半から30代前半にかけて、

  • 大手IT企業 72万円UP
  • ベンチャーIT企業 14万円UP

 

30代前半から30代後半になると、

  • 大手IT企業 93万円UP
  • ベンチャーIT企業 100万円UP

 

ベンチャーでも30代前半から30代後半にかけて年収が大幅に上昇します。
しかし、同じ30代後半で大手IT企業との平均年収に60万円もの差がついています

 

 

統計では大手企業の方が、ITベンチャーより高い報酬を得られる傾向にあります。
ただ、ベンチャーに属している人の中にはずば抜けて高給をとる人が存在するのも事実です。

 

ITベンチャー創業時と現在を比較しても状況が違っているでしょう。
今後も成長余地があるのか、そうでないのか、企業それぞれです。

 

企業の規模を考えると、リスクが取りづらいベンチャーは年収の点でもかなり不利です。

 

 

年収の高さを求めてITベンチャーに就職しようとは考えないほうがいいでしょう。
ITベンチャーは会社の規模が小さい分、より技術の高い仕事やりがいが得られます。

 

将来、自分でITベンチャーの起業を考え、ITベンチャーに就職・転職するエンジニアもいます。

トップへ戻る