IT業界の新人研修には特徴がある

どの会社でも、時間やお金をかけて新人研修に費やします。
なかでもIT企業の新人研修には特徴があるのでしょうか。

 

そもそも、新人研修には、

 

会社の即戦力となる人材を育成する

 

という目的があります。

 

 

実施内容はというと、

  • 社会人としてのマナーを習得
  • 会社の理念、就業規則などの基礎知識
  • 実務に直結する知識と技術の習得

などです。

 

どんな仕事でも、事前準備や知識がないまま取り組むと痛い目にあいます。
下手をすると命取りになりかねません。

 

新人研修ではまず現場での対応の仕方を学びます。
加えて、基礎知識を覚え技術を習得するという流れで進むのです。

  1. 対応の仕方(マナー)
  2. 基礎知識
  3. 技能

の順で習得していくことにより、現場で即対応できる戦力に育てます

 

 

IT業界の現場では、途切れない顧客の要望にすぐ対応できるかという課題があります。
しかも、使用するツールは主にコンピューターですから正しい使い方をしないと全く使えないのです。

 

技能に関しては、何もできないことを避けるため新人を教育・訓練する必要があります。
コンピューターで使われるプログラムは、暗号を解くかのように難しいものです。

 

新人研修の講師がまだ知識の浅い人たちにIT業界の専門用語を乱発したらどうでしょう?
きっと不評なことうけあいです。

 

IT企業の新人研修では、専門用語を理解しやすく教えなくてはなりません。
そのため、有料のIT企業向けの新人研修プラン専属の講師も存在します。

 

ITの転職や就職のエージェントのなかには新人向けの研修を強化している会社があります。
研修プランもしっかりチェックして選びたいものです。

トップへ戻る