IT業界でも人材のミスマッチが生じている

IT業界は人材を供給する側のITベンダーと、サービスを受ける企業間とで成り立っています。
このITベンダー側とサービスを受ける企業側で人材不足の受け止め方に温度差があるのです。

 

ある調査によると、

ITベンダー側の人材不足感

87.4%(2007年度)→48.8%(2009年度)

 

と2年間で人材供給が大幅に改善しているとの認識です。

 

企業側のITエンジニア人材不足感

91.3%(2007年度)→84.5%(2009年度)

 

とやや改善したというレベルにとどまっています。

 

 

供給側であるITベンダーと需要を求めている企業側の認識の違いは何でしょうか。
ITベンダー側が人材の数を重視しているのに対し、企業側は人材の質を求めている点にあります。

 

ユーザー側である企業が求める人材の質とは、高い技能やスキルです。

 

下流工程と呼ばれるプログラミングやテストなどを行う人材は年々増えています。
しかし、システム案件を整理できる上流工程がこなせる人材が減少してきているのです。

 

 

企業はシステム案件を設計図としてまとめられる人材を強く求めています。
この設計図とは、相談・解決策が打ち出せることを言います。
解決策が出せる=上流工程がこなせるという訳です。

 

ただ、上流工程がこなせるようになるには10年程度の経験が必要です。
残念ながらITベンダー側は上流工程ができる人材を欲する企業側の要求に対応できません。

 

ベンダーは人材を多く投入し、人材不足を補いつつ育成もしようとしています。

 

 

多くのITエンジニアは3年程度で転職します。
プロジェクトの終了とともに解雇されることが多いからです。

 

ITベンダー側はせっかく人材を育成しても、その人材がベンダーに残ることはあまりありません。
ここに慢性的な人材不足が生じてしまうのです。

 

 

近年、社内にIT部門を設けてITベンダーと交渉ができる人材を確保する企業も増えてきています。
ITベンダー側に上流工程の人材を求めても絶対数が少ないからです。

 

上流工程を社内に置きIT化を推進させ、下流工程はITベンダーから派遣で賄う。
技能やスキルを積んだエンジニアは企業の正社員として上流工程を任されるというチャンスがあるのです。

トップへ戻る