ITのスキル診断で実務レベルを把握する

IT関連の資格は業界で働くエンジニアにとって必要不可欠ではありません。
資格がなくても仕事をすることはできます

 

ただ、スキルがないエンジニアを雇う余裕はどの企業にもありません。
仕事をする上で必要なスキルを判断するツールとしてITスキル診断が利用されています。

 

 

プロジェクトの立ち上げに有資格者のみを集めるのは非常に困難です。
人件費がかかるのは当然のこと、ブランクの長い有資格者は戦力になるまで時間を要します。

 

よって、

  • スキルのコアな部分を理解している
  • 業務独自のビジネススキルを持っている

これらを保持していることが判断します。
スキルさえあれば無資格者でもプロジェクトのメンバーとして参加ができます

 

有資格者一人をリーダーに配置し、サブやメンバーに無資格者を置きます。
こうすることで、命令系統がスムーズになり作業効率が上がります。

 

 

現在はプロジェクトの立ち上げごとにITスキル診断が活用されています。
ITスキル診断は、専門分野に分けられていて、得手不得手がはっきりします。

 

専門知識がないと問題を解くことはできません。
診断を受けている本人が、どの分野のスキルが弱いか理解できます。

 

 

採用者の主観的な判断よりもITスキル診断でチェックする。
このほうがプロジェクトを進めるにあたってメリットが大きいです。

 

ITスキル診断は、エンジニアの転職や就職のエージェントのサイトで実施されています。
希望の仕事が自身のスキルで応募ができるか判断が可能です。

 

不足しているスキルも理解できるので、今後のスキルアップにも活用できます。
客観的にITスキルが診断できるサイトを活用して、就職・転職につなげていきましょう。

トップへ戻る