ITでキャリアプランを積むためには

キャリアプランとは、企業が人事管理の手段として人事異動を軸に教育・訓練・評価を組み合わせるのが本来の姿です。

 

しかし、IT業界に就職や転職をした場合、話は別です。
ITでは、自分なりのキャリアプラン(careerplan)を組み立てる必要があります。

 

 

多くのIT企業では、100人採用しても3年後に2〜3人しか残りません。
平均勤続年数が3年と短いので、企業はキャリアプランを立てられません。

 

5年後に管理者として育てることを目標に優秀な人材を獲得しても、それまで在籍しているかは微妙です。
IT業界では優秀な人材ほどスキルアップややりがいを求めて転職する可能性が高いのです。
企業側が教育的に配置転換をすることはまずあり得ません。

 

 

IT業界に就職・転職をしたら、自分自身でキャリアプランを立てましょう。

 

キャリアプラン=人生設計ですから、なんだか難しそうでしょうか。
まず「自分がどうなりたいか」を考えることからはじめるとよいでしょう。

 

例を挙げますと、

  • エンジニアとして一流の技術屋になる
  • ITのコンサルタントをしたい
  • 独立してITの関連会社を立ち上げる

など、将来の目標が立てられると思います。

 

 

IT業界に身をおいていると、多かれ少なかれ転職のチャンスやタイミングが巡ってきます。
その際、自分で立てたキャリアプランを振り返るとよいと思います。

 

エンジニアとして一流を目指すなら、これまでのキャリアを生かした転職先を探します。
多少条件が悪くても技術レベルを磨ける会社であれば、転職先として適格です。
転職することによって、キャリアパスを積むことができるでしょう。

 

また、独立を考えているなら営業職も選択肢のひとつにあげられます。
経営を学ぶということであれば、フランチャイズの弁当屋さんも近道です。

 

 

結局、自分のキャリアプランを立てるのは自分自身です。

 

IT業界で就職や転職した場合、はじめは単純作業を強いられます。
技術の浅いエンジニアは消耗品扱いなのです。

 

単純作業も技術を習得する上での基礎となります。

 

そこから、

  • 重要な仕事を任されたい
  • 責任ある仕事に就きたい

とキャリアの幅を考えるようになります。

 

IT業界は自分が知っている以上に様々なキャリアが存在します。
常にアンテナを張り巡らせて、自分に合ったキャリアプランを立てましょう。

トップへ戻る