民間企業が実施するITベンダー資格

ITの資格には、国家資格以外に特定の民間企業が実施するベンダー資格があります。

 

IT国家資格は、情報処理推進機構が主催する情報処理技術者試験です。
これは知識やスキルが一定レベルであるということの認定試験です。

 

国家資格は出題範囲が広く、一般的な理論や事例の解析などを中心に学習する必要があります。
マネジメントの技術や国語力も評価されるので、広く浅い試験対策を要します。

 

情報処理技術者を取得していなくてもエンジニアとして活動できます。
そのため、IT企業では資格取得したエンジニアへの優遇をあまりしていません

 

 

一方、ベンダー資格を取得したエンジニアへ優遇する企業は結構あります。
ベンダー資格だけ取ったほうが有利だということになりそうですが、そう簡単な話ではありません。

 

そもそも、ベンダー資格は

  • マイクロソフト
  • サン・マイクロシステムズ
  • シスコ
  • オラクル

など、IT系企業が自社製品のエンジニアを認定する資格です。

 

これらベンダー系資格は現場で即対応できる技術がアピールできる利点があります。
反面、頻繁なバージョンアップがあり、技術レベルを維持することが困難です。

 

最大の欠点は他の企業の製品にはまったく使えないということです。

 

 

したがって、エンジニアに求められるのは、双方のバランスを取りながらスキルアップすることです。

 

ITの仕事をする場合、基本的な知識がないと仕事がうまく回りません。
また、特定の企業の製品を使う場合、その製品の知識は多いほうが業務はスムーズになります。

 

基礎・根底となる知識は国家資格で。
枝葉の部分は業務内容に合わせてベンダー資格で。

 

双方をバランスよく取得することが必要です。

トップへ戻る