ITで取りたい資格記事一覧

IT業界でスキルアップするには『資格を取得する』というのも一つの手です。資格を持っていると、転職が有利になることもあります。ここで言う資格とは、国家資格はもちろん能力検定も含みます。特にIT資格の場合は、マイクロソフトやサン・マイクロシステムズなどが主催する能力検定が有名です。IT業界のなかでは、ベンダー主催の技能検定が国家資格より優遇される傾向にあります。国家資格である基本情報技術者はエンジニア...

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)内の情報処理技術者試験センターが実施しているIT国家資格。「情報処理に関する法律」に基づいて行われています。これらIT関連の国家資格は、弁護士や司法書士などの士業資格とは異なります。士業関連の資格は有資格者でなければ仕事ができません。対してITの国家資格を持っていなくてもエンジニアとして仕事ができます。例えば、基本情報技術者の資格を持っていなくても情報処理技術...

ITの資格を取ってスキルアップすることは、IT業界に身をおくエンジニアにとって大事なことです。資格のレベルは比較的簡単なものからプロフェッショナルなものまで広範囲です。難易度が高いハイレベルな資格は、高い専門知識やスキルが必要です。難易度が低い資格から難易度が高い資格へステップバイステップで取得できるようにするとよいでしょう。自分のキャリアプランを考えるときに混乱しないよう一覧でまとめてみました。...

スキルアップのため資格取得を目指すITエンジニアにとって、独学だけではやや厳しいものがあります。そこで、専門学校や大学などが実施している通信教育を利用するやり方があります。受験指導をメインにした専門学校では、資格取得に向けたカリキュラムを組んでいます。通信教育用テキストも充実していて、合格率も高いです。模擬テストも定期的に行われていて、自分のレベルの把握も容易です。期間(半年から1年)に渡るテキス...

ITの資格には、国家資格以外に特定の民間企業が実施するベンダー資格があります。IT国家資格は、情報処理推進機構が主催する情報処理技術者試験です。これは知識やスキルが一定レベルであるということの認定試験です。国家資格は出題範囲が広く、一般的な理論や事例の解析などを中心に学習する必要があります。マネジメントの技術や国語力も評価されるので、広く浅い試験対策を要します。情報処理技術者を取得していなくてもエ...

トップへ戻る