IT海外転職へ向けて英語力を身につけよう

IT業界のエンジニアは日本全国への就職・転職以外にも海外転職のチャンスがあります。

 

外資系のIT企業となると、社内公用語が英語、システム環境も英語であることは珍しくありません。
日本にある外資系IT企業であっても、英語が使えなければ仕事にならないのです。

 

 

また、海外製品のマニュアルなどは英語であることが多いです。
日本語対応の製品もありますが、不具合が生じた場合、メーカーへの問い合わせは英文が必須です。

 

日本語での問い合わせを受け付けてくれる場合のあるでしょうが、レスポンスは大幅に遅れます。
ITエンジニアにとって英語の知識は必要不可欠なのです。

 

 

そして、英語力を身につけたエンジニアは海外転職へのチャンスが広がります。

 

例えば、世界中に導入されているソフトで、日本語翻訳版で生じたバグは海外言語でも生じます。
海外言語、特に英語でのバグに対応できればITエンジニアとして活躍の幅が広がるのです。

 

所属している会社に海外拠点がなかったとしても、同種のシステムを導入している海外企業なら転職が可能かもしれません。

 

海外ソフトメーカーと英文メールでやり取りしているうちに、相手からオファーがくることも珍しくありません
英語対応力とエンジニアとしてのスキルが充実していれば、海外で転職しても通用するのです。

 

英語対応のソフトウェア導入プロジェクトに加わるのであればチャンスかもしれません。
今後、海外転職への道が開けると前向きに考え取り組むことをオススメします。

トップへ戻る