ITエンジニアにとっての40歳という年齢

ITエンジニアにとって、40歳は節目の年齢です。
40代に突入すると、仕事環境に変化が出るからです。

 

まず自分よりも若いエンジニアが圧倒的に増えます。
同期や先輩社員が転職などで現場から離れていきます。
IT業界から離れることも珍しくありません

 

自分より若く優秀なエンジニアが、自分よりも上位の立場で仕事をすることも出てきます。
ITエンジニアとして、いつまで続けられるか考えさせられる瞬間です。

 

40代でのIT転職は、果たして可能なのでしょうか

 

 

IT業界での40代の募集状況は業界によって差があります
機械系などでは35歳以上だと求人は大幅に少なくなります。

 

一方、ソフトウェアネットワーク業界では比較的求人があります。
しかし、募集条件は大きなプロジェクトの経験やマネージャー経験が求められます。

 

プロジェクトリーダープロジェクトマネージャーの経験がないと40代での転職は厳しいのです。

 

 

それでも、40代での転職を本気で考えている人のために専用の求人サイトは存在します。
自身のスキルが生かせる転職先を見つけることは不可能ではありません。

 

40代に入ると、IT業界で転職することは本当に大変です。
せっかくの経験やスキルが無駄になる場合もあるので、慎重に考えましょう。

 

キャリアパスを築くための転職はできれば30代まで
40代までに、自身のスキルや経験が生かせる企業に就職・転職ができればいいですね。

トップへ戻る