経済産業省主催の中小企業IT経営力大賞

経済産業省が主催する『中小企業IT経営力大賞』というものがあります。

 

中小企業IT経営力大賞は、経済産業省が関係機関の共催・協力のもとに主催する表彰制度です。
優良なIT経営を行い、今後IT経営に取り組もうとする中小企業の手本になる企業を表彰します。
平成19年度に創設されたばかりなので馴染みは薄いかもしれません。

 

 

受賞企業、IT経営実践認定企業・組織にはロゴマークの使用が認められます。
毎年選ばれる大賞3社優秀賞10社がロゴマークを使えます。

 

ITを使えば経営に有利と認識しながらも、どうすれば良いかわからない中小企業はたくさんあります。
受賞企業はそれらの企業に対し、具体的かつ優良な導入事例を見せる役割があります。

 

 

IT導入を単に「コンピューター導入」「インターネット活用」と思っている中小企業が多いです。
「IT経営」とは、経営戦略・経営革新の実現のためにITを高度に活用する経営スタイルを指します。

 

中小企業IT経営力大賞の公式ページによりますと、

  • 業務プロセスの再構築にITを活用した顧客満足や生産性の向上
  • ITを活用した事業継続やサプライチェーンの維持などリスク分散化等災害対応力の強化
  • 取引・顧客情報などを利用した営業・マーケティングの改革、新製品や新サービスの開発
  • ネットワークインフラ整備による社内、遠隔地、モバイル環境でのコミュニケーションの充実
  • ノウハウの蓄積・共有による人材の強化、ビジネスの付加価値の向上
  • 業務プロセス全体の可視化によるマネジメントの高度化
  • ITの活用による新たなビジネスモデルの構築
  • その他、ITの活用による企業競争力強化など

以上がITを高度に活用する経営スタイルとされています。

 

 

「中小企業IT経営力大賞2012」大賞は、

  • 株式会社メトロール(東京都立川市)
  • 株式会社小林製作所(石川県白山市)
  • 株式会社モトックス(大阪府東大阪市)

の3社です。

 

今後も優良な中小企業が表彰され、IT経営が普及することを願ってやみません。
ITが中小企業にどんどん普及することでITエンジニアの活躍の場がどんどん広がるでしょう。

トップへ戻る