投資対効果を把握し説明できるか?

大規模なIT投資をしてどれだけ効果が上がるか。
ITの導入を依頼しているユーザー企業のみならず、受ける側のIT企業にとっても重要です。

 

 

投資対効果は高度経済成長期にはあまり問題視されませんでした。
経済状況が悪くなった昨今、投資対効果の説明なしに投資することはまずありません

 

企業の経営者は株主に対し説明責任があります。
ITの投資が時流に乗るためのニーズであっても、具体的に効果を説明できなければ先送りされます。

 

投資金額には限度があります。
効率の良い経営をするために、効果が可視できるものが優先されるのです。

 

 

ユーザー企業にITを提案するIT企業側により一層の努力が求められます

 

「売上が上がる」「人件費が減る」といった項目は具体的な数値で説明が可能でしょう。
しかし、「生産性」「顧客満足度」はなかなか数値で表せません。

 

「コミュニケーションを充実」させるのでしたらなにもITでなくてもよさそうです。
どんなにユーザー企業へプレゼンを行っても、投資対効果が期待できなければスルーされてしまいます。

 

 

IT投資は「わらしべ長者」的なストーリーで提案することは無理があります。
企業側の現状やニーズを把握して効果を目に見える形で提案することが必要です。

 

投資対効果を可視化するのもエンジニアの技術の一部であります。

トップへ戻る