ITのあいまいな請負契約について考える

エンジニアがどのような契約で働いているかは大変重要です。
IT業界は、雇用契約、請負契約、委任契約があいまいになっている業種だからです。

 

近年、東京大田区に本社がある大手精密機械メーカーでの偽装請負が話題となりました。
当時経団連の会長だった同社の当時の社長にも大きな注目が集まったことも記憶に新しいです。

 

派遣労働法の改正のきっかけにもなりましたが、IT業界では当たり前に行われています。

 

法律上では

  • 雇用契約
  • 委任契約
  • 請負契約

は全く別ものです。

 

請負契約とは、請負者が仕事を完成させる契約をいいます。
結果に対して報酬が支払われるので、仕事の完成が報酬の条件となります。

 

請負契約は法律上では未完成の責任も負います。
労働を提供しても完成しなければ報酬はもらえません。

 

対して、委任契約は未完成の責任を負いません。
委任された仕事を実行することが報酬の条件で、未完成でも報酬は発生します

 

ITエンジニアとして仕事をしていると、自分の関わっているプロジェクトが成果がでているかわかってきます。

 

仕事が未完成でも現場がかわることはしょっちゅうです。
そのときに報酬が支払われないことは絶対ありません。

 

エンジニアが派遣(出向)される場合、名札の色が違う程度で仕事内容は派遣先のメンバーと同一です。

 

IT企業の責任者でも、

  • 委任契約(印紙不要)
  • 請負契約(印紙必要)

程度の認識です。

 

IT業界の元受や孫受け制度が発達し、未完成要因を特定しにくくなっています。
請負契約と委任契約との違いはかなりあいまいです。

トップへ戻る