IT アウトソーシング メリット

ITアウトソーシングのメリット

ITアウトソーシングのメリットって?

ITでアウトソーシングを使うメリットは何でしょう。

 

自社のシステムが災害などで致命的なダメージを受けた場合、復旧までにかなりの時間を要します。
費用もかかるので企業の収益を圧迫する可能性もあります。
このようなリスクを避けるため、デーダセンターなどへ機能分散することが主流となりました

 

かつてデータセンターはプログラムを持ち込んで集計処理してもらう業務が主でした。

 

データセンターは本体が高価な大型コンピュータが揃っていることがメリットです。
大型高速処理コンピュータは冷却装置停電対応の設備に多額のコストがかかります。
データセンターに集計処理を依頼することで企業のシステム費用を大幅に削減できます。

 

ITアウトソーシングの始まりはこのような機能分散処理がきっかけです。
会社の中心業務以外を外部(アウトソーサー)に委託することをアウトソーシングといいます。

 

ITアウトソーシングのメリットはなんといってもコストの軽減です。
高額な大型コンピュータにかかる費用が削減できるだけでなく、オペレータなどの人件費も軽減できます。

 

リスク分散というメリットもあります。
本部が災害などでダメージを受けても、データセンターがサテライトとして機能を代替できます。

 

INSやVPNなどの高速通信網の発達に後押しされ、ITアウトソーシングはますます利用されつつあります
よって、アウトソーシングは今後も幅広く展開されることが予想されます。

 

ITアウトソーシング関連への就職・転職はとくに業界内でも狙い目かもしれません。

トップへ戻る